ブログカテゴリ:スタッフ日記


12日 11月 2016
昨年11月に新潟市内でロケが行われた映画「ミュージアム」が11月12日、公開されました。 小栗旬主演(信長協奏曲、ルパン3世)、大友啓史監督(ハゲタカ、るろうに剣心)のサイコスリラー作品。 新潟ロケは万代シテイ、万代のガスト、旧大和デパート、北区のナミックス研究所で撮影されました。...
15日 7月 2015
にいがたロケネット、県FC協議会が協力した「第25回にいがた国際映画祭『ノーボーイズ、ノークライ/ロケ地巡りバスツアー』」の報告です。 開催日は2015年7月4日(土)、バス出発は午後1時。 募集定員25名のところ、参加数23名でした。 ちなみにバスそのものの定員は33名で、スタッフが8名いました(うちロケネット関係者3名)...
04日 7月 2015
新潟市メディアシップ1階にある「情報工房DIC」では2015年8月31日まで「ご当地Tシャツミュージアム」を開催中です。ロケネットが設立10周年を記念して製作した「ニイガタでエイガとろうぜ」Tシャツも展示・販売しています。 このTシャツは、新潟の文字がよく見ると映画の撮影機材やエキゾチックな新潟芸妓のアイテムでできているのです。
19日 1月 2015
新潟ロケの胸キュン映画「ストロボ・エッジ」の本県用ポスターが届きました! 「新潟県(新潟市・新発田市・長岡市・胎内市)で撮影されました」というコピーに、主な撮影場所と、シーンを紹介しています。 「ストロボ・エッジ」は3月14日公開です!
30日 9月 2014
全国各地のフィルムコミッション(FC)などでつくる「ジャパン・フィルムコミッション(JFC)」の2014年度総会が9月26日に新潟市で開かれました。新潟市での開催は初めて。FCや映画関係者ら約70人が集まり、映像制作を取り巻く課題を話し合い、交流を深めました。
15日 9月 2014
2014年3月に全編新潟ロケされた短編映画「職人の唄」の完成報告上映会が9月14日、i-MediaシアターNEXT1で行われ、スタッフと新潟の関係者が半年ぶりの再会と完成を祝いました。 「職人の唄」は技能五輪に挑む管工事業の若手職人のストーリー。100%新潟ロケで、出演者も主役の天野耶依さん以外が新潟から参加しました。...
25日 8月 2014
 「にいがた妖怪祭り」なる面妖なイベントが夏休み最後の8月30日(土)、31日(日)に新潟市中央区の白山公園内「燕喜館」で開かれます。妖怪をテーマにした映画上映や、新潟市内の若手アーティストによる妖怪をテーマにした作品の展示、地元妖怪研究家による講演会など妖怪が盛りだくさん。...
07日 7月 2014
 スリランカの文学賞を総なめした大ベストセラー小説の映画化が決まり、年内にも新潟県内で撮影されることになりました。日本パートを担当するナシモトタオ監督が7月5日、ロケネット総会前の講演で作品の意義などについて語りました。...
03日 7月 2014
 映像や音楽、マンガ、Webなどのコンテンツを活用して、「新潟」を国内外へ発信しようと、「にいがたコンテンツ活用・推進勉強会」が発足することになり、7月3日に準備会が開かれました。準備会にもかかわらず、FC、テレビ局、まちづくり団体、行政、学生ら30人が参加。「新潟はアジアの国にもほとんど知られていない。もっと効果的に発信する必要がある」など、コンテンツの一層の活用を求める声が多く上がりました。
10日 6月 2014
新潟情緒漂う飲食街、古町の料理と酒を楽しむ「古町花街ぶらり酒」が9日から始まりました。82店もの参加店をはしごしながら、夜の古町を満喫するすてきな企画です。...

さらに表示する

ロケネットロゴ

にいがたロケネット(にいがたロケーションネットワーク)はNPO型のフィルムコミッションとして、ボランティアにより運営されています。

新潟市内を活動エリアに、エキストラの手配や、各種情報提供などを行います!

支援依頼等のご相談は事務局窓口までお電話を!

(025-223-6272)

最新記事

ロケネットtwitter


お知らせ、ブログを直接お届け!「メルマガ・ロケネット通信」購読をお申し込みください!(無料)

PC、スマホ版はこちら

スマホ以外の携帯版はこちら

 

新潟県フィルムコミッション協議会

コンテンツ勉強会(メンバー専用