2016年

11月

12日

「ミュージアム」封切り

昨年11月に新潟市内でロケが行われた映画「ミュージアム」が11月12日、公開されました。
小栗旬主演(信長協奏曲、ルパン3世)、大友啓史監督(ハゲタカ、るろうに剣心)のサイコスリラー作品。
新潟ロケは万代シテイ、万代のガスト、旧大和デパート、北区のナミックス研究所で撮影されました。
特に万代シテイでは約300人のエキストラを集め、雨を降らせて群衆の中のチェイスを撮影。
多くの見物客も集まり、「混乱して撮影が中止になった」というデマがSNSを騒がせたほどでした。(実際は新潟市民は協力的で撮影が順調に進み、予定より早く終了したのでした)
封切りの12日に作品を鑑賞しましたが、多くのエキストラがしっかりと映っていました。
早朝の集合にもかかわらず参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
参加しなかった方も、こんなシーンでも新潟が使われているのかと驚くはず。ぜひ劇場に足を運んでいただき、その目で確認してください。

写真はミュージアム撮影中のエキストラのみなさんです。

続きを読む

2015年

7月

15日

「ノーボーイズ・ノークライ」ロケ地めぐりバスツアー報告

ロケ地ツアーの引率手旗
ロケ地ツアーの引率手旗
続きを読む

2015年

7月

04日

夏です! ロケネットTシャツ販売中!

続きを読む

2015年

1月

19日

「ストロボ・エッジ」新潟版ポスター完成

新潟ロケの胸キュン映画「ストロボ・エッジ」の本県用ポスターが届きました!

「新潟県(新潟市・新発田市・長岡市・胎内市)で撮影されました」というコピーに、主な撮影場所と、シーンを紹介しています。

「ストロボ・エッジ」は3月14日公開です!

2014年

9月

30日

全国のFC関係者、新潟に集う 「地域発の映画」シンポも

2014年度JFC総会記念シンポ(クリックで拡大)
2014年度JFC総会記念シンポ(クリックで拡大)
続きを読む

2014年

9月

15日

「職人の唄」完成上映会

続きを読む

2014年

8月

25日

にいがた妖怪祭り開催

続きを読む

2014年

7月

07日

スリランカ映画、県内で撮影へ タオ監督が講演会

ナシモトタオ監督
ナシモトタオ監督
続きを読む

2014年

7月

03日

「にいがたコンテンツ活用・推進勉強会」立ち上げへ

コンテンツ勉強会準備会
コンテンツ勉強会準備会
続きを読む

2014年

6月

10日

古町でぶらり、はしご酒

古町通9 柳都古町 旬菜すゞ家
古町通9 柳都古町 旬菜すゞ家
続きを読む

2014年

6月

08日

ミッキーが来た!

続きを読む

2014年

6月

01日

新潟ロケ「万能鑑定士Q」封切り!

続きを読む

2014年

5月

18日

「ライヴ」舞台あいさつ

続きを読む

2014年

5月

11日

アイドルどんどん

古町どんどん
古町どんどん

古町商店街のお祭り「古町どんどん」が5月10、11日に行われました。約800mのホコ天に露店やステージイベントなどが盛りだくさん。大勢の市民でにぎわいます。


続きを読む

2014年

4月

24日

チューリップまつり

萬代橋でチューリップ
萬代橋でチューリップ
桜の季節が終わったら、今度はチューリップてす。新潟市の萬代橋から新潟駅までの歩道に、市民が育てた色とりどりのチューリップのプランター3200個が並んでいます。
5月8日まで開催。

2014年

4月

13日

新潟市の桜は満開

桜と萬代橋(2014/4/13)
桜と萬代橋(2014/4/13)

新潟市の桜が満開になりました。

続きを読む

2013年

2月

24日

安吾賞授賞式・井浦新さんら若松組が思い出語る

 新潟市による「第7回安吾賞」の授賞式が2013年2月23日、りゅーとぴあで行われました。受賞者の故若松孝二監督に代わり、「若松組」の俳優やスタッフらが壇上に上がり、「現場での怒りは激しかったが、同じくらい愛情も深い人だった」などと思い出を語りました。

 

 授賞式典では「常識を疑い人間の本質を凝視する目は 批判を怖れぬ危険で強烈な作品を生み出し 生温い現代社会に檄を放ち続けました」と、自治体が贈る賞とは思えないほどの文面で若松監督をたたえた賞状を、若松監督の三女で若松プロの尾崎宗子プロデューサーが受け取りました。

 

 第2部では、若松作品に数多く出演した俳優の井浦新さん、遺作となった「千年の愉楽」に出演した高岡蒼佑さん、若松監督の盟友で「キャタピラー」などで存在感を示している芸術家のクマさんこと篠原勝之さん、ここ10年来、若松組の撮影監督を務めた辻智彦さんが舞台あいさつ。

 

 井浦さんは「俳優としてというより、人間若松孝二の生き方に引かれていった。映画をつくるだけでなく上映すること、見てもらうことすべてを愛情を込めて向き合っていた。そんな姿が僕にとって学ぶ存在だった。監督の意思を継げる人なんてだれもいない。学んで、映画を観て感じていくことしかないと思う」と語りました。

 

 千年の愉楽が若松作品初出演となった高岡さんは「騒動を起こしてしばらく現場から離れようと思ったが、脚本を見たら自分の役に感情がすごく入っていった。監督はすごく人生経験のある方で、自分の悩みなんて大したことじゃないと感じ、役に向き合えるようになった」と振り返りました。

 

 篠原さんは「付き合いはじめて40年。オレの役は台本にもなく、もちろんセリフも書いていない。『キャタピラー』では現場に呼ばれて行ったら、そこでツツジ食ってろといわれた。オレなんて生きている書割みたいなもの」と会場を笑わせました。

 

 撮影の辻さんは「若松監督の演出方法は、芝居をしてもらうというより役を生きてもらうというやり方。『役の中を生きている人間を撮ってほしい』と言われた。ドキュメンタリーのように何が起こっても対応できるようにした」と現場の裏話を披露しました。

(ほしたつ)

 

若松孝二国際映画祭 2013年2月23日~3月3日開催

◆会 場:新潟・市民映画館シネ・ウインド

(新潟市中央区八千代2-1-1 電話:025-243-5530)

◆料 金:「千年の愉楽」は一般1000円、学生・シニア700円

    ほか3作品は500円均一

 

◆上映作品(上映日程略称):

・千年の愉楽(千年)

・11・25自決の日・三島由紀夫と若者たち(自決)

・キャタピラー(キャタ)

・実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(あさま)

 

◆上映日程:

○2/23(土)10:00(あさま) 13:40(キャタ) 15:35(自決) 18:00(自決)

○2/24(日)10:00(自決★1) 12:40(千年★2) 15:20(千年) 17:40(キャタピラー★3)

(ゲスト舞台あいさつ)★1=12:00~12:20 井浦新さん、篠原勝之さん ★2=12:40~13:00 高岡蒼佑さん、井浦新さん ★3=17:40~18:00 県内フィルムコミッション関係者

○2/25(月)10:00(千年) 12:30(千年) 15:00(自決) 17:30(キャタ) 20:00(千年)

○2/26(火)10:00(千年) 12:30(千年) 15:00(連合) 20:00(千年)

○2/27(水)10:00(千年) 12:30(千年) 15:00(キャタ) 17:30(自決) 20:00(千年)

○2/28(木)10:00(千年) 12:30(千年) 15:00(あさま) 20:00(千年)

○3/1(金)10:00(千年) 12:30(千年) 15:00(自決) 17:30(キャタ) 20:00(千年)

○3/2(土)10:00(千年) 12:30(千年) 15:00(千年) 17:30(千年) 

○3/3(日)10:00(千年) 12:30(千年) 15:00(千年) 17:30(千年)

 

問い合わせ:安吾賞事務局 電話025-226-2563

関連ページ:

シネ・ウインド 

安吾賞 

 

2012年

10月

19日

追悼・若松孝二監督

映画監督の若松孝二さんが17日、交通事故により亡くなりました。76歳。
 「新潟の風景は画になる」と、会うたびに話してくださり、新作を撮るたびに、新潟で撮れないかとロケハンに訪れる新潟ファンでもありました。
ロケネットの最初のお手伝いは2004年2月ごろの「17歳の風景」。私が仕事の関係で六日町(現南魚沼市)に住んでいた頃でした。ちょうどそのころシネ・ウインドで「若松孝二監督特集」があり、「壁の中の秘事」(1965年)「処女ゲバゲバ」(1969年)など、挑発的で前衛的な作品を見て衝撃を受けていたので、初対面はドキドキでした。でも東北なまりの残る朴訥な語り口調で「きょう宿に夕飯食べに来ないか」などと気さくに誘ってくれ、ご飯をごちそうになりながら、スタッフや役者さんたちの熱い思いに触れることができました。
ロードムービーである「17歳の風景」の撮影でロケネットは、南魚沼から巻、新潟市内と新潟分の多くのお手伝いをさせていただきました。
若松監督1
それからわずか1ヶ月後に、「完全なる飼育 赤い殺意」の撮影が同じ南魚沼市であり、古い民家探しに奔走しました。長期にわたり監禁された少女の物語という、かなり重いテーマでしたが、町役場の課長が所有していた家を貸してくれ、若松監督も新潟の協力的な姿勢を高く評価していました。
 
最後にお会いしたのは、2010年、柏崎市や長岡市などでロケした「キャタピラー」の試写会。主演の寺島しのぶさんがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を獲得したこともあり、終始ご機嫌でした。
キャタピラー試写会
 
若松監督はフィルムコミッション(FC)にも理解があり、妙高市でのシンポジウムではフランスロケを行った「エロティックな関係」を例に「パリでは車を全部止めてもらった」などと話し、FCに大きな期待を寄せていました。
新潟に来るたびに「星君は元気か、今回は来ないのか」とか、映画関係者に「新潟で映画撮るなら星君に相談してみたら」などとお話されていたそうで、目をかけていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
70歳を過ぎてなお、精力的に映画を撮り続けるパワーに触れるたびに、こちらも新たなモチベーションをいただいていたような気がします。もっともっと作品をつくってほしかった。若松監督にもお会いしたかった。
お別れなんてしたくありません。ただただ残念です。
(にいがたロケネット事務局長・星)
 
写真上:「キャタピラー」撮影中の若松監督=2009年4月
写真中:「17歳の風景」かまくらの中での撮影=2004年2月
写真下:「キャタピラー」新潟での試写会で寺島しのぶさんと並ぶ若松監督=2010年6月
 

2012年

7月

04日

「 blue 」ふたたび

 久しぶりに「 blue 」観ました、DVDで。

 やっぱり、地元の風景が映し出されているストーリーは感慨深いですね。

変わらない風景、失ってしまった風景、当時の街の雰囲気。

干支がひとめぐりした今、考えさせられる事もたくさんありました。

 

 DVDになって『それぞれの「blue」』という安藤尋監督、魚喃キリコさんを軸とした

メイキングストーリー作品が加わって興味深かったです。

監督 、 プロデューサー、原作者の出会いのエピソードや気持ち。

魚喃キリコさんがその中で「原作者からみると、映画は同じ幹から実を結んだ従姉やハトコのような存在・・・・」みたいな事を語っていたのが印象的でした。

 最初に映画を観た時から引っ掛かっていた、ギターとオカリナの音楽の理由も判りました。

 不思議な音色の魅力は、原作者の当時の思いが響いてできたものなんですね。

 素晴らしいアナザーストーリーでした。

 

 

 こんな気分になったので・・・・・・・・・・

 もう少し欲張って、こんどは新潟を舞台にした、エンターテインメント色の強い作品が観たい!

 例えば地方発信のエンタメというと、札幌ススキノの「探偵はBARにいる」や、仙台舞台の「ゴールデンスランバー」など一連の伊坂幸太郎作品があります。

 小説の良さと映画の話題性で、相乗効果が出ているのが羨ましいです。

ま、新潟は、こんなコンテンツが生まれる事が第一歩なのかも知れません。

・・・・・・・・・環境かな!?

 闇米とJA職員が情報戦や物流で闘う『コシヒカリ・クライム』とか、

枝豆の種をめぐって殺人が起きる、『ユウナヨ・サスペンス』とかあればイイのに (笑)

 

では、また。 (デラ)

 

ロケネットロゴ

にいがたロケネット(にいがたロケーションネットワーク)はNPO型のフィルムコミッションとして、ボランティアにより運営されています。

新潟市内を活動エリアに、エキストラの手配や、各種情報提供などを行います!

支援依頼等のご相談は事務局窓口までお電話を!

(025-223-6272)

最新記事

ロケネットtwitter


お知らせ、ブログを直接お届け!「メルマガ・ロケネット通信」購読をお申し込みください!(無料)

PC、スマホ版はこちら

スマホ以外の携帯版はこちら

 

新潟県フィルムコミッション協議会

コンテンツ勉強会(メンバー専用